革靴が臭い原因は?簡単にできる7つの解決策を紹介

■目次

日常的に革靴を履いている人の中には、靴が臭いと感じる人も少なくないのではないでしょうか。臭いが気になると、お気に入りの革靴であっても履きにくくなるものです。

この記事では、革靴が臭い原因とその解決策を紹介します。
革靴をよく履く方、お気に入りの靴を長く履きたい方はぜひ参考にしてください。

革靴が臭い原因

臭い革靴

革靴が臭くなるのは、靴下や靴に雑菌が発生し雑菌が臭いを発するためです。足そのものの臭いが原因というわけではありません。

靴を履いていると、徐々に汗や皮脂さらには垢などが溜まって行きます。そして、これらの混合物は雑菌のエサとなるため、靴の中は雑菌が生まれやすく、臭いも発生しやすい状況となっています。

また、革靴はスニーカーと違って通気性があまりよくなく密室状態であり、高温多湿になりがちです。この高温多湿も雑菌が繁殖しやすい環境の一つです。

このように革靴は、雑菌のエサとなる汗や皮脂などの混合物が生まれやすく、高温多湿という雑菌が育ちやすい環境が整っているため、放っておくと靴の臭いが気になるようになるでしょう。

革靴の臭いを改善する具体的な方法

先述の通り、革靴は臭いが発生しやすい環境下にありますが、適切な対策を施すことによって臭いを改善することが可能です。ここでは、比較的取り組みやすい改善策について解説します。

インソールを使用する

インソールで革靴の臭い対策

扁平足対策として使用されることもあるインソールは、臭い対策にも活用可能です。

臭いが発生する原因は、汗や皮脂が靴の中に溜まり雑菌が発生することにあります。これらの混合物や雑菌が溜まったインソールを取り替えることで靴の中を綺麗な状態に保てるため、臭いも発生しにくくなります。

インソールを交換するだけというお手軽な方法であるため行いやすいでしょう。ちなみに、インソールの中には、通気性に優れたものもあり、素足履きにも活用できます。

footaでも特許技術を採用した消臭効果の高いインソールを販売しております。

消臭グッズを活用する

消臭グッズで革靴の臭い対策

革靴用の消臭グッズは様々な商品が市販されています。例えば消臭スプレーは持ち運びにも適しており、さっと吹きかけるだけですぐに臭いを改善することが可能です。

そのほかにも、靴の中に入れられる備長炭や粉をふりかけて臭いを消す商品などもあるため、使いやすいものを選んでみてください。

ただし、消臭グッズを使用する場合、一時的に臭いは改善されるものの、長期的な対策とはならならない点に注意が必要です。

無水エタノールは自作できる

消臭グッズは市販のものを購入することもできますが、自作することも可能です。例えば、革靴の消臭に活用できる無水エタノールは水と無水エタノールを混ぜるだけで作成できます。

具体的には、水道水1:無水エタノール0.3~0.5の比率で混ぜるのみです。スプレー容器などに入れておけば、臭いが気になる時に簡単に吹きかけられます。

重曹を活用する

重曹で革靴の臭い対策

重曹も消臭剤として活用可能です。重曹には吸湿性があるため、革靴の中に入れておくことで、水分や臭いを吸収してくれます。また、臭いの原因の一つである皮脂は酸性ですが、重曹はアルカリ性であるため、皮脂を分解し臭いを発生させにくくしてくれる点も特徴です。

重曹を使用する場合、靴下など通気性を備えた袋に重曹を入れ入り口を縛ったうえで靴の中に入れておきます。こちらも気軽にできる方法であるため、ぜひ試してください。

10円玉で悪臭を取る

10円玉で革靴の臭い対策

財布の中にある10円玉を使って悪臭を取り除くことも可能です。これは、殺菌効果が期待できる銅イオンが10円玉から発生するためです。靴の中に10円玉を入れるだけで雑菌の繁殖を抑制し、消臭につながるでしょう。10円玉は片方の靴に2枚を目安に入れてみてください。

足を清潔に保つことも大切

足を清潔に保つことで革靴の臭い対策

革靴の臭いの主な原因は、雑菌の繁殖によるものですが、足を清潔にしていないとさらに臭いがキツくなる可能性があります。そのため、足を綺麗にすることも臭い対策として重要です。

例えば、足の指は間までしっかりと洗い、かかとまで入念に洗いましょう。爪の両枠は雑菌がたまりやすいため、こまめに着ることも大切です。

またお風呂上がりは足をちゃんとタオルで拭きジメジメ感を残さないことも忘れてはいけません。毎日一手間かけて手入れするだけでも臭いが改善されるでしょう。

靴はローテーションで履く

革靴を履く場合、複数の靴をローテーションで履きましょう。同じ靴を何日も連続で履くと、靴の中の汗が乾く前に次の汗が蓄積されるという状況になるため、臭くなりやすくなります。

1日履いたら翌日は靴を休ませられるようにしておくことで臭いが発生しにくくなるでしょう。最低でも1日は間隔をあけたいため、靴は2足以上、できれば3~4足を用意しておくことをおすすめします。

靴下に注意する

靴下で革靴の臭い対策

革靴の臭いを改善する場合、靴そのものだけでなく、靴下にも注意してみてください。

革靴を履く場合、靴下やストッキングなどを着用するケースが多いでしょう。この靴下が臭いにつながることもあります。以下のようなケースは臭いがキツくなる可能性があるため注意が必要です。

  • 生乾きの状態の靴下を履いている
  • 汗をかいた靴下を長時間履いている
  • 靴下の通気性が悪く靴の中が蒸れている

靴下はしっかりと乾かすことはもちろん、必要に応じて除菌効果を備えた洗剤を使って洗いましょう。また、重曹を使ったつけおき洗いもおすすめです。

靴下は素材によって消臭効果が大きく異なります。足の臭いと素材の関係「靴下」は素材選びが重要!で詳しく解説しています。

消臭靴下の活用もおすすめ

消臭靴下ならfoota

靴下の中には消臭靴下もあり、臭いが気になる場合はこちらの利用を検討してみてください。

例えば、「foota」の消臭靴下は、臭いのもととなる雑菌の繁殖を防いでくれる抗菌・防湿効果を備えた特殊繊維を使っています。5本指ソックスからフットカバーソックス、ハイソックス、ビジネスソックスなど様々なタイプを取り扱っているため、革靴に合わせて購入することも可能です。

また、万が一消臭効果が感じられない場合は、30日間であれば完全返金対応を行っています。
革靴の足臭さが気になる方は、一度利用を検討してみてください。

まとめ

今回は、革靴が足臭くなる原因と改善策について解説しました。

革靴が臭くなる主な原因は、雑菌の繁殖にあります。通気性がよくなく、汗や皮脂がたまりやすい革靴は雑菌にとっては快適な環境であり、臭いが発生しやすくなっています。

今回の内容を参考にぜひ臭い対策に取り組んでください。また、消臭靴下の利用もおすすめです。