洗濯用石鹸で足の臭いが取れる!?真実はコレだ。

■目次

洗濯用石鹸は様々な用途に使える、汚れを落とす力が強い石鹸です。

この記事では、洗濯用石鹸が足の臭い対策に使えるのかどうかについて解説します。また足の臭いを取る基本的な方法についても取り上げているため、臭いが気になる人、洗濯用石鹸に興味がある人はぜひ参考にしてください。

洗濯用石鹸とは

洗濯用石鹸は頑固な汚れや部分洗いに強く、昔から親しまれている固形石鹸です。

洗濯用石鹸の最大の魅力は、汚れを落とす力の強さにあります。通常の石鹸や洗剤ではなかなか落ちないような汚れでも洗濯石鹸であればしっかりと落としてくれるといったケースが少なくありません。

洗濯用石鹸の特徴

一般的に洗濯用石鹸は水に溶けやすく、生地を傷めずに汚れを落としやすいのが特徴です。また一部の洗濯用石鹸に含まれる蛍光増白剤は、生地を白く保つのに効果的と言われています。

洗濯用石鹸を利用すれば、以下のようなさまざまな汚れを落とすことができます。

  • 泥汚れ:ユニフォーム、くつ下、運動靴など 
  • 黒ずみ汚れ:上履き、スニーカー、足袋、軍手/白衣など 
  • 食べこぼし汚れ:しょうゆ、ソースなど 
  • インク汚れ:水性・油性、ボールペンなど 
  • 皮脂汚れ:シャツの襟・袖など 
  • 化粧品汚れ:ファンデーション、口紅、マスカラなど

頑固な汚れに苦戦している人は洗濯用石鹸の利用を検討してみてはいかがでしょうか。靴下の効果的な洗濯方法に関しては「靴下を洗濯しても臭いが取れない?9つの改善方法を紹介」も参考にしてください。

足を洗う際には使わない

さまざまな汚れ落としに活用できることから、洗濯用石鹸を足の臭いを落とすために使用しようとする人もいるかもしれませんが、使用は避けてください。

洗濯用石鹸は蛍光増白剤を含むことが多いため、人の肌に使用するとかゆみや痛みに襲われる可能性があります。そのため、足を洗う際の使用はおすすめしません。

それでも、汚れを落とす力が強い石鹸であることは間違いないため、足の臭いの原因の1つとなる靴下の汚れ落としや洗浄に活用できるでしょう。

なお洗濯用石鹸を使って靴下を洗う場合、もみ洗いをすることが多いと思われますが、肌の弱い人はゴム手袋などを使って洗うようにしてください。

足の臭いを取る基本的な方法

ここでは、足の臭いを取るための基本的な方法について解説します。洗濯用石鹸などを使って靴下の汚れを落とすことも大切ですが、それ以外にもできることはたくさんあるため、ぜひ参考にしてください。

足を洗う

足の臭いを取りたい場合、大前提として足をしっかりと洗うことが大切です。足の臭いは汗や垢、さらには角質などを餌にして雑菌が増殖することで発生しているため、臭いを取るためには足を洗って汗や垢などをしっかりと落とすことがポイントとなります。

そのため、仕事や学校から帰宅したら、できるだけ早いタイミングで足を洗うようにしましょう。汗や垢が溜まった状態を放置してしまうと、時間の経過とともに臭いが強くなるため、早めに対応することが大切です。また足を洗った後はしっかりと水滴を拭き取るようにしましょう。

同じ靴を履き続けない

お気に入りの靴を毎日履き続けることは臭いの原因となるため、靴を定期的に休ませるようにしましょう。靴を1日履くと内部に汗や湿気がたまります。その状態で毎日履いているとどんどん汗や湿気などがたまり足の臭いの原因になります。

このような事態を避けるためにも、1日履いた靴は、翌日は履かずに休ませ、風通しのいいところに置くなどして内部をしっかりと乾かすようにしましょう。

靴下に注意

汗は靴下にも染み込むため、汗をかきやすい人は靴下の替えを用意しておくことがポイントです。こまめに履き替えることで臭いを抑えることができます。また使用した靴下は、洗濯用石鹸を使って洗うことで臭いや汚れをしっかりと落とすことができるでしょう。

そのほかにも、通気性の良い靴下を選ぶことも臭い対策となります。「foota」が提供している靴下は抗菌・防湿効果を備えた繊維が使われている、通気性のいい靴下であり、臭い対策としても活用できます。

靴下の種類はビジネスソックフットカバーキッズソックスロールソックスなど多種多様であるため、大人から子供までさまざまなシーンで活用できます。

購入後に消臭効果を感じられない場合は、30日間の返金対応も行っているため、足の臭いが気になる方は一度購入してみてはいかがでしょうか。

消臭靴下ならfoota

まとめ

今回は、洗濯用石鹸の特徴について解説しました。洗濯用石鹸の多くは、蛍光増白剤を配合しており、泥汚れや黒ずみ、食べこぼし、インク、皮脂、化粧品汚れなどさまざまな汚れを落とす際に活用できる便利な石鹸です。

靴下を洗う際にも活用できますが、あくまでも洗濯用の石鹸であるため、足を直接洗うことはしないでください。