足が臭いなら重曹!すぐできる5つの使い方を紹介

■目次

重曹というと、掃除に使用するイメージがあるかもしれませんが、足の臭い対策にも活用できるのはご存知ですか?

この記事では、重曹が足の臭いを取るのに役立つ理由について解説します。また具体的な重曹の使用方法や注意点などについても取り上げているため、足の臭いが気になる人、対策をしたい人はぜひ参考にしてください。

重曹が足の臭いに効果的な理由

重曹は「炭酸水素ナトリウム」と呼ばれる弱アルカリ性の物質であり、臭いの原因である酸性の「イソ吉草酸」と中和することで臭いを打ち消します。そのため、足が臭い場合には重曹が効果的であるとると言われています。

また重曹には細菌の繁殖を抑える静菌作用が備わっているため、臭いの発生を防げるという特徴も持っています。そのほかにも、使い方によっては雑菌のエサである角質を取り除く効果も備えており、臭い対策にはもってこいの天然素材です。

重曹の使い方

ここでは、自宅でも簡単にできる重曹の使い方を5つ紹介します。ぜひ参考にしてください。

重曹足湯

1つ目の使い方は、足湯に重曹を混ぜる重曹足湯です。重曹足湯を行う場合、洗面器に40度以下のぬるま湯を入れ、そこに大さじ1~2杯の重曹を溶かしてください。そこに素足を10~15分ほどお湯に浸けましょう。

なお先ほども触れていますが、重曹は臭いだけでなく角質を取り除く効果もあるため、継続して足湯を行うことで足の裏がツルツルになる効果も期待できます。

足が臭い時の洗い方は「【これで解決】足が臭い時の洗い方を徹底解説」を参考にしてください。

足に塗る

足の臭いが強烈である場合、重曹を足に直接塗るという方法もあります。直接塗る場合、重曹を水と混ぜてペースト状にする必要があります。

ペーストが用意できたら足を洗って綺麗な状態にし、足に塗り込んでいきましょう。塗った後はしばらくそのままにしてから洗い流します。

重曹スプレー

市販のスプレーボトルを用意して、重曹スプレーを作ることもできます。重曹スプレーは、水200mlに対して小さじ半分程度の重曹を溶かし、スプレーボトルに入れるだけで完成です。

臭いの気になる箇所や脱いだ後の靴などにスプレーを吹きかけることで、臭い対策となります。なお、重曹が溶け切らないとスプレーの噴射口に詰まってしまうため、使用する前によく振るようにしてください。

消臭袋(重曹袋)

重曹を使って消臭袋を作ることもできます。消臭袋は、いらなくなった靴下やストッキングなど通気性がよく、なおかつ粉がこぼれないものに入れ、口をしっかりと閉めるだけで完成です。

臭いの気になる靴の中に消臭袋を一晩程度入れておくだけです。靴と下駄箱の臭いも同時に取れて一石二鳥です。

重曹で靴を洗う

同じ靴をいつも履き続けていると、靴に雑菌がたまり臭いが発生しやすくなるため、臭い対策をするうえでは靴を洗うことも大切です。重曹は皮脂の汚れを分解するので、靴の手強い臭いにも効果を発揮します。

重曹を使って靴を洗う場合、重曹を溶かした水を用意し、靴を浸け置きしてください。その後ブラシなどでこすり洗をすると、臭いや汚れが落ちやすくなります。

浸け置き時間は臭いや汚れの程度にもよりますが、短くとも30分~1時間程度、時間に余裕がある場合は一晩程度浸けておくことをおすすめします。

靴下の消臭をする際も、重曹水を用意して浸け置きをします。靴下を入れたら1時間ほど放置し、その後いつも通り洗濯機で洗ってください。更に詳しい洗い方は「靴下を洗濯しても臭いが取れない?9つの改善方法を紹介」を参考にしてください。

重曹を使用する際の注意点

重曹自体は、人体に特に悪影響を与えるものではありませんが、肌荒れを起こす可能性はゼロではありません。肌が敏感な人、肌荒れを起こしやすい人は、少ない量から重曹を使用し始める、毎日の使用は避けるなど注意する必要があります。

また重曹をお湯に溶かす際は、温度を40度程度にしてください。温度が高すぎると、重曹が強アルカリ性に変化し、肌への刺激が強くなるためです。

臭いを抑えるための方法

これまで説明したように、様々な形で重曹を活用することで、足の臭いを緩和することができます。ですがそもそも臭いを発生させないようにすることが大切です。

靴を休ませる

臭いを発生させないためには、使用する靴や靴下に注意する必要があります。例えば、同じ靴を毎日履くと靴の中が常に蒸れた状態となるため、雑菌が発生しやすくなり、臭いも強くなる恐れがあるでしょう。

そのため、普段使いの靴を複数用意し、1日履いたら次の日は靴を休めるようにしてください。またオフィスで働いている人は、自分のデスクで作業をするときはオフィスようの靴に履き替えることで靴への負担を減らすことができます。

消臭靴下を活用する

消臭靴下ならfoota

繊維自体に消臭効果がある靴下を履くことも、臭いを抑えるためには重要です。例えば「foota」が提供する靴下は、抗菌・防湿効果が備わった繊維を使用しており、臭い対策に活用できます。

ロールソックスビジネスソックスキッズソックスフットカバーなど、さまざまな種類の靴下を展開しているため、ビジネスシーンからプライベートまであらゆるシーン、あらゆる靴に使用可能です。

もし消臭効果が感じられなかった場合は、30日間の返金対応も行っているため、まずはお試しとして利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、足の臭い対策になる重曹について解説しました。重曹は弱アルカリ性の物質であり、臭いの原因となる酸性の物質を中和することができるため、臭い対策に活用可能です。使用方法は、足湯やスプレー、消臭袋などさまざまであるため、自身にあった方法で活用してみてください。