ニオイ菌99.9%除去の消臭靴下

蚊に刺されるのは足が臭いから?蚊と足の臭いの関係を解説!

■目次

「人より蚊に刺されやすい」と感じている人は、もしかしたら足の臭いが原因かもしれません。

この記事では、蚊と足の臭いの関係について解説します。蚊はどのようにして刺すターゲットを決めるのか、なぜ足が臭いと蚊に刺されるのかといった点を解説します。

足の臭いを予防するためのポイントも紹介していますので是非参考にしてくだい。

蚊がターゲットを選ぶ基準

蚊に刺されやすい人は、蚊が集まりやすい臭いを発しているとされています。蚊は、普段は花の蜜や樹液などを餌にしていますが、雌の蚊が産卵期を迎えると栄養を補給するために人間の血を吸います。雄の蚊や産卵期以外の時の雌の蚊が人の血を吸うことはありません。

そして蚊は、人間の体温と乳酸やオクテノールといった臭いをもとに、血を吸うターゲットを決めます。つまり、この乳酸やオクテノールなどの臭いを発していると蚊に刺されやすいということになります。

蚊に刺されやすい人の特徴

ここでは蚊に刺されやすい人の特徴を紹介します。「いつも自分ばかり蚊に刺されている気がする」といった人はチェックしてみてください。

体温が高い

先ほども説明しているように、蚊はターゲット選びの際に体温を1つの判断基準としています。体温が高い人は低い人と比べて刺されやすい傾向にあるため注意しなければなりません。

また、妊婦や乳児も体温が高いため、刺されやすいといえるでしょう。その他にも、お酒を飲むと体温が一時的に上がるため、刺されやすくなる可能性があります。

二酸化炭素の排出が多い

体温の高い人と関連する部分となりますが、体温が高い人は基礎代謝も高いため、結果的に二酸化炭素の排出量も多くなります。つまり蚊に刺されやすいということです。これはお酒を飲んだ時にも同じことがいえます。

体臭がする

蚊は、体温と臭いをもとにターゲットを決めていますが、体臭がする人は蚊に刺されやすいとされています。これは、体臭に含まれる臭い物質に蚊が引き寄せられやすいためです。先ほど紹介した乳酸やオクテノールの他に、脂肪酸も誘因生のある匂いとされています。

足の臭いと蚊の関係

蚊に刺されやすい人は、足の臭いが強いとも言われていますが、これは本当なのでしょうか。

京都の高校生が行った研究によると、蚊が集まるかどうかは臭いの強さよりも、足にいる常在菌の種類の多さが関係することが明らかになっています。

常在菌の種類が多いということは、臭いの種類も豊富であるということです。なぜなら、常在菌は種類によって摂取する物質が異なるほか、持っている代謝酵素も異なるためです。

蚊は、主に乳酸や二酸化炭素などの臭いに引きつけられますが、常在菌が増えることで、蚊を誘引する臭いが増える可能性があります。

これらの点を考慮すると、足の臭いが臭い人は蚊に刺されやすいと考えることができるでしょう。

蚊に刺されないためには足の臭い予防を!

足の臭いが強いとかに刺される可能性が高くなると考えると、足の臭い予防をすることが大切であることがわかります。そこでここでは足の臭い予防としてできることを紹介します。

足を綺麗にする

足の臭いを防ぐためには、足を常に清潔にしておくことが大切です。

入浴時には足の指の間や爪までしっかりと丁寧に洗うこと、垢がたまらないように足の爪を短く切っておくことなど、基本的なポイントを押さえるだけでも臭い予防につながるはずです。また、常在菌は垢や角質を餌にするため、角質ケアを行うことも大切だといえます。

デオドラント効果がある石鹸屋角質怪我できるスクラブなど、便利な商品がたくさんあるため、そういったアイテムを活用しながら足のケアに取り組んでみてください。

足の効果的な洗い方を解説した「【これで解決】足が臭い時の洗い方を徹底解説」も参考にしてください。

同じ靴を履き続けない

毎日同じ靴を履いていると常在菌がどんどん増えていきます。

これは、靴の中は高温多湿であることに加え、履き続けることで靴を乾燥させることができないなど、菌が増えやすい環境となるためです。靴はできれば3足以上用意し、1日履いたら最低でも2日は乾燥させられるようにしておく必要があります。

なお、靴を乾燥させる際は、日光に当てることはもちろん、活性炭や乾燥剤の使用もおすすめです。

裸足で過ごす

裸足でいる時間を増やすことも臭い対策をするうえでは大切です。靴下や靴を履いていると足が蒸れてしまうため、菌が増えやすく、臭いが強くなる可能性があります。自宅にいるときは裸足になることをおすすめします。

靴下を履き替える

裸足になることができない場合は、靴下をこまめに履き替えるようにしましょう。例えば、会社に勤めている人であれば、お昼休みのタイミングで履き替えるといったイメージです。

繰り返しの説明となりますが、常在菌は高温多湿の環境下で増えます。1日中同じ靴下を履いていると、夕方には靴下の中は大変なことになっているでしょう。

抗菌作用のある靴下を活用する

着用する靴下を工夫することも大切なポイントです。靴下の中には、抗菌作用を備えたものもあります。また、通気性のいい靴下であれば、高温多湿の状態を改善することができるでしょう。

footaの靴下は、特別な繊維を使っており、消臭効果を備えている点が特徴です。大人から子どもまで、さまざまな世代がさまざまなシーンで活用できる靴下を取り揃えているため、臭い対策としてぜひ購入を検討してみてください。効果が感じられない場合は、返金対応も行っているため、万が一の時でも安心です。

まとめ

今回は足が臭い人と蚊の関係について解説しました。蚊は人の体温や臭いをもとに吸うターゲットを決めているとされています。そして、足の臭い人、つまりさまざまな種類の常在菌が足にいる人は特に蚊に刺されやすいと言われています。

蚊に刺されないようにするためには、臭い対策をすることが大切です。毎日同じ靴を履かない、足のケアをこまめに行う、靴下を工夫するなど、今回紹介した対策に取り組んでみてください。